革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

新卒は声が出るかどうかで道が分かれます

ビル

面接の際には、言葉遣いだけではなく、声の大きさも重要です。
声の出し方が苦痛であるか、非常に楽であるかは、実は大きな問題なのです。
たとえば声の小さな人は営業には向きません。
もともと声が大きい人は、話好きです。
もっとくわしくいえば「自分の考えを伝えたい」「テリトリーを広げたい」「声の重みで威圧したい」こういう傾向の持ち主です。
この三つの特徴だけみても女性的な職場には合いそうもありません。
声が大きいだけで嫌がられるでしょう。
しかし、新聞社やテレビ局などの常に職場の中に声が飛び交っているような会社は声の大きさは武器となります。
一般的に声の小さい人は社内業務が似合っており、大きな声の人は社外業務に向いています。
声が小さい、あるいは会議で口をはさめない、という人は、営業は無理です。
新卒についてはこちらのサイトで詳しく解説しています。
新卒についての参考にしてください。

none

最新情報

ほほえむ女性

新卒で重要視するもの

独立してやりたい、起業したいといっても、話下手では誰も助けてはくれないでしょう。
こういうタイ

葉っぱ

新卒に必要なもの

現在もそうですが、これからますます、セールス、営業が重要視されてきます。
なぜなら少子高齢化に

ほほえむ女性

新卒とセールスマン

ほとんどの新卒はセールスを敬遠します。
その最大の理由は「かっこわるい」というイメージが強いか

髪を掻き上げる女性

新卒と未来予想図

あなたは60歳のときの自分の姿を思い描いたことがありますか?60歳といえばまだまだ定年が伸びて一線で